• よくある質問
TOP > FAQ

よくある質問を紹介致します。

Q1他メーカーの車でも点検してもらえますか?
A1 どの販売店でも全てのメーカーの車の点検を承っております。ただし、ハイブリッド車やEV車は、点検箇所(高電圧部)により特定の資格や専用の工具が必要になるため、一部販売店では取扱いがございません。
また、並行輸入車等、国内未販売車については、専用の部品・工具が必要となるため、一部販売店では取扱いがございません。詳しくは販売店にお問い合わせください。
Q2リコール制度とはどういうものですか?
A2 リコールとは、自動車の構造・装置の不具合による事故を未然に防ぐことを目的とした制度です。同一の型式、一定範囲の自動車について、構造・装置・性能などが、安全・公害防止の規定(保安基準)に適合しなくなるおそれがあるとトヨタが判断した場合、その旨を国土交通省に届け出て、クルマをご使用のお客さまにご連絡し、無料で修理いたします。また、保安基準に関わらない場合でも、対応が必要であるとトヨタが判断した場合には「改善対策」や「サービスキャンペーン」を行っております。ご使用のお客さまへご連絡し、責任を持って修理いたします。
Q3リコールされたクルマと同じクルマに乗っていますが大丈夫ですか?
A3 リコール対象車両は車体番号で管理されており、リコール対象車両をお持ちの方にはトヨタの販売店よりご連絡いたします。ご使用のクルマが対象車両か心配な方は、「リコール・改善対策情報について」でご確認をお願いいたします。
Q4車検・定期点検整備は受けないといけないですか?
A4 車検を受けていないクルマは運行できません。必ず車検を受けてください。また、12ヶ月点検は法令で定められた点検です。
Q5バッテリーは自分で交換することができるの?
A5 個人でバッテリー交換をした場合、ラジオや時計だけでなくパワーウインドウの設定等、電源を必要とするメモリー設定が消えてしまい、誤作動や作動不良を招くことがあります。交換時にはバックアップツールによるメモリーの保持が必要となりますので、交換が必要な場合はトヨタ販売店までご相談ください。
Q6エンジンオイルはいつ交換したらよいですか?
A6 クルマの使用状況により定期的な交換が必要です。エンジンオイルは劣化するだけではなく徐々に減ります。こまめに日常点検を行い不足している場合は補給することも必要です。
Q7スマートキーが正常に作動しないとき(電池切れ時)のエンジンの掛け方は?
A7 電子キーに内蔵されているメカニカルキーを利用して、運転席ドアを解除します。
運転席に座り、ブレーキペダルを踏みながら電子キーのトヨタマークのある面でエンジンスイッチに触れ、作動表示灯が緑色に点灯後、ブレーキペダルを強く踏みながらエンジンスイッチを押してください。
なお、電子キーの電池が切れたときは、直ちに電池を交換することをおすすめします。
Q8スマートキーの電波はペースメーカーに影響はあるの?
A8 スマートシステム装着車は、ドアハンドルに低周波の微弱電波を発するアンテナがあり、ここにペースメーカーを埋めている肩や胸を密着させた場合に機器に影響を与える恐れがあります。但し、スマートアンテナから20cm以内に近づけなければ問題ありません。
スマートキー自体からも電波は出ていますが、ワイヤレスキーと同等の非常に弱い電波ですので、ペースメーカーには影響はありません。
また、車種によっては、システムを作動しないようにすることも出来ます。(車両からの電波が出なくなるため、アンテナ部に近づいても影響はありません。)
Q9指定外燃料を入れると、どうなりますか?
A9 指定以外の燃料(粗悪ガソリン、灯油、アルコール系燃料など)を使用すると、エンジンの故障や燃料系部品の損傷による燃料もれなどの原因となる恐れがありますので、指定燃料以外は使用しないでください。
また、車種によっては、システムを作動しないようにすることも出来ます。(車両からの電波が出なくなるため、アンテナ部に近づいても影響はありません。)
Q10燃費の良い走りをするには
A10 あまりアクセルはふかし過ぎず、急発進・急加速はさけてください。
また一般道では40〜50km/h、高速道路では80km/hで走るのがベストな走り方です。