Now Loading...

Now Loading...

岡山トヨペット

scroll

あなたがスマホを見ている間の2秒間

車は約22m進んでいます。

STOP!ながらスマホ運転STOP!ながらスマホ運転

昨今話題となっている「ながら運転」。その中でもスマホを中心とした「ながら運転」は、年々増加しています。
人が運転中に目を離すことにより危険を感じるのは2秒以上。そのたった2秒が運転にどう影響を及ぼすのか?

岡山トヨペットでは「交通事故ゼロ・プロジェクト 第7弾」として「STOP! ながらスマホ運転」啓発活動を行います。

出典:「やめよう! 運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」(警視庁)(https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html)を加工して作成

「STOP!ながらスマホ運転」啓発MOVIE2sedonds(45sec)

近年、スマートフォン(携帯電話)使用による
交通事故が急増しています。

携帯電話(スマホ)使用などによる交通事故発生状況
約1.4倍
約2.1倍
運転者が危険を感じる画面注視の時間 2秒間に進む距離
約22m

2019年から、運転中のながらスマホに関する
罰則等が強化されました。

運転中の携帯電話(スマホ)使用による罰則等強化
30万円以下の罰金
6点
10万円以下の罰金
3点
本撮影は車両を台車に乗せ、交通法に基づき安全に留意して撮影を行っています。
交通事故ZEROプロジェクト  2secondsの撮影
交通事故ZEROプロジェクト  2secondsの撮影

Archive

第3弾「Bubblepacktown」

第5弾「dancer in the seat」

第6弾「STOP ROAD RAGE」